作曲しか能のない男のたわごとです


by lit-composer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
さて、バカラックに関する第二弾。

浪人時代、僕はディスクユニオンの御茶ノ水店の中古屋に入り浸っていた。ジャケ買いも良くした。だいぶ趣味も80年代サウンドから卒業といった感があったし、自分でも新しいものを求めていた。

ちょうどその時、Swing Out SisterやBasiaなどの洒落た女性ボーカルものに物凄く興味を引かれ始めた。
Swing Out・・・はイギリスのグループだったし、1stアルバムは86年くらいだった事もあり、80年代サウンドを残しつつ、ジャズやブラックコンテンポラリーの影響を受けたものだったので比較的入っていきやすかったのね。その頃同時にはまった、Danny Wilsonも今でも好きなグループ。こっちは男バンドだけど・・・。Gary Clarkの艶っぽいボーカルは最初聞いたとき身震いした。「かっこいい!」と素直に思った。サウンドもお洒落で、僕のAOR好きはここからスタートしたのかもしれない。ドラムスのクレジットに元ABCのDavid Palmerの名前もあった。彼はTompson Twinsや後期YMOなどテクノやエレポップサウンド界の名セッションドラマーだから、彼のクレジットでかなり親近感を覚えた。Danny Wilsonでの彼のプレイは最高だと僕は思っています。

話がそれましたね。Swing Out・・・はその後僕の女性ボーカルものユニットのお手本サウンドになっていく訳だけどね・・・。
皆もそうだと思うが、自分の好きなアーティストが傾聴しているアーティストのサウンドって興味あるでしょ。んで、彼らが有名なバカラックフォロワーだったってのもあって、ライナーノーツとか読んで気になっていたのね。彼らの2ndの「You on my mind」に僕は、カーペンターズやChristopher Crossとの接点を見出していたんだよ。ちなみに、ここまでの僕はバートバカラックって人がどんな人か、名前も知らなかったわけよ。
気になってCDショップを覗く。ロック欄にバカラックのコーナーはない。必死に探して、「イージーリスニング」コーナーでやっと発見した。とりあえず、1枚手に取ってみる。
曲名を見た僕は驚愕した。声が出そうになった。「うおっ!」と。

そこには、僕が今まで気になっていた曲が満載だった。カーペンターズ「Close to You」、BJトーマス「雨に濡れても」の2曲は幼稚園時代からの謎だったわけだから、驚くわけでしょ。ずっと好きで自分が作曲するようになって、あんなイイ曲誰が作曲してんの?って思ってたら同じ人なんだからね。
その後置いてある物を片っ端から見たらChristopher Crossの曲まであった。参りましたって感じで速攻買って家で聞く。Dionneの曲の「Walk on by」で幕開けるCD。なんと、大袈裟なアレンジだと、びっくりした。笑ってしまった。でも、3回目くらいにはその大袈裟加減が心地良い。変てこな転調も、変拍子も、シンコペーションも、計算し尽くしているのか思いつきなのか、でも凄い。すんなり入ってくる。そこには、ポップソングとは何たるが詰まっている。事実彼の曲はグラミーも取っているし、ビルボードヒットチャートの常連なわけだし・・・。

バカラックサウンドの詳細は研究家がいるんで、僕なんて若輩者が書くと笑われてしまうんでこの辺にしておくけど、とにかく僕の人生とずっとどっかで繋がっていたって衝撃的ですよ。

というわけで、僕はSwing Out・・・フォロワーでありながら、バカラックフォロワーになってしまいました。僕の作り出すメロディーは複雑な経路をたどって完成しつつあるんだけど、これも一つの引き出しなのかなって最近は思ってるんだよ。

また、機会があればこの事は書いていくでしょうな。
[PR]
# by lit-composer | 2005-02-22 13:47 | 音楽全般ですな

災難ですわー

インフルエンザなんて。

僕はいたって健康体だった。扁桃腺は昔から弱かったが、インフルエンザなんてかかった事なかった。小学校の時、何度か休校になった事があったが、嬉しくて外で遊んでたよ。

まったく・・・。仕事の関係で体を壊す好条件がそろっているから仕方ないけどね。

僕が感染したのは、B型で、何故か熱が出なかった。同じ職場で感染した人は高熱で何日も苦しんでたけどね。僕は軽傷だったのかな。

ライブがこれからあるってのにね。何とか完治しましたけど・・・。だめだね、体を鍛えましょう。乾布摩擦ですか?今時なー。
[PR]
# by lit-composer | 2005-02-22 13:09 | ただの雑談か?
下らんタイトルだ。どうも、久しぶりです。

いやー、HMVのサイトはお宝の宝庫ですな~。

物色してますが、Bacharach・David作品の"メインヴォイス"DionneのライブDVDを買いましたよ。カナダのジャズフェスの模様を収録したものらしいが、バカラックアレンジではないので若干物足りなかったなー。でもDionneはすごい!!多分60歳オーバーの2003年時、ここまで歌えるとは・・・。確かに原曲のキーで歌っているものは少ないが、圧倒的な表現力、ソウル、リズム感。衰えてないですね。ビックリです!!このときの演奏もジャズっぽくてこれはこれで好きです。

んで、バカラック。


皆さん見てましたよね、「ひらけ!ポンキッキ」。僕も幼少期見てましたよ。その中でかかってたオリジナル曲、例えば「鳥になりたい」なんて名曲もありました。CD出てるかな?
そうそう、番組の中で分かりやすく動物の名前やひらがなとかを教えるコーナーがあって(かなりうる覚えだが・・・)その中のBGMで「Close to you」(カーペンターズですよ)が流れてた。Beatlesの「Please Please me」も流れてたけど・・・。こっちもインパクトあったなー。他にも「雨に濡れても」も流れてたような気がする。3,4歳当時の僕は何故かそのメロディーにすごく惹かれてた。
幼稚園までの道のり中、メロディーが頭から離れなかった。当時東京の文京区に住んでて、幼稚園まで徒歩で行っていたんだが、古びた洋館が多いところがあって(ほら、蔦が覆っているようなさ!そんで、テラスに洋風なテーブルや椅子が置いてあったり!)、その景色と洒落た音楽がリンクして強烈に印象に残ってた。
中学時代、80年代ロックにはまった。いわゆる僕はMTV、ベストヒットUSA世代だ。その中でなんか異色だったDionne & Friendsの「That's what friends are for」のメロディーもガキな僕ながら「変なメロディーだけど、なんか気になる」と思っていた。少し前に聞いたChistopher Crossの「ニューヨークシティーセレナーデ」は「お洒落なサウンドだなー、この曲聞きながら夜景みたいなー、大人になりたい!」なんて思ってたものです。

ここから劇的な展開が待っているのです・・・。
[PR]
# by lit-composer | 2005-02-01 13:27 | 音楽全般ですな

あけおめ・・・遅い!!

いやー、年が明けましたな。

近いうちでは、今週ライブなんぞ控えているものですが、まったく緊張感がありません。準備も良く出来ていると思うしね、楽しく出来ればと思っておる次第です。

今年は、年末からあまりいいニュースが少なかったですな。最近思うのは、2000年のミレニアムイヤーから悪いニュースばかりのような気がします。
そんな年の始まりに今年は気持ちをしっかり持って新たなる旅立ちをしたいと考えています。

今日は書くことが浮かばんなー、とりあえずこの辺にしておくか・・・
[PR]
# by lit-composer | 2005-01-12 17:18 | ただの雑談か?

僕と僕と僕の生きる道

僕は普段からそばをよく食べるので年越しそばのありがたみはありません・・・。

さて、2004年が終わっていく・・・・。どうも、不完全燃焼の年だったような気もするがいい出会いもあったし、音楽を作る環境も以前のレベルに戻った。

それでまずは良しとするか。


人間は欲深い生き物ですから。一つの欲が充足すると次の欲へ移っていく。お金だって、あればあっただけ使ってしまう。食欲も物欲も性欲も、とめどもなく流れていく。今の僕の環境下では痛感する。
欲を抑えながら、満足できるラインを自分で作っていくことって結構難しいけど、大事なんだなーと考えるようになった。そこから生まれるものはハングリーでエキセントリックだったりするだろうし・・・。あ、これは僕が作曲したりするのでその部分で言えばって事ですよ。それを考えるうちにね、人の生きる道にも当てはまる部分もあるんじゃないかと・・・。

そう、夢って本来は綺麗な言葉ですね。
僕は最近行った面接で聞かれたんだけど、「夢を語ってくれって」。正直困ったね。まず、僕は仕事は現実だと思ってますから、夢は語れません。それは、夢じゃなくて「目標」ですから。お金をもらってる時点でそれは現実なんだと思います。
思わず言いよどんでしまったけど、そしたら「何でもいいんですよ、具体的にこうしたいとかあーしたいとか」って言われたんだよ。僕は思った。それは「欲望」ですよ・・・と。しかも、具体的になんてその会社に入ってもいないのに答えられませんよ。会社の風通しとか、上下関係とか、どんな人物構成だとか、会社の先行きの目標設定だとか。裏の状況も知らないといえないと思うんだ。そんな質問してどんな答えを期待しているのかなーなんて、冷静に分析してみたり・・・。そこで、奇麗事を並べるのはあまり好きな事じゃないんで・・・。だから、受からないって話もありますが・・・・。

って、話それました。んで、「夢」って言葉が最近「目標」とか「欲望」とかの単語の代名詞にかわっているような気がして少し切ないです。もっとアバウトでロマンティックな使い方をするべきだと思うんだけどなー。寝てる時見るものが「夢」なわけだから。
昔、ある人の曲で「夢は見るものじゃない、叶えるものだ」と歌ってた沖縄出身の女性がいましたが、それが「目標」とか「欲望」って事だと思うんですけど・・・。

だから、僕の作る曲はアバウトで難しいけど、聞くとなんかほっとするものでありたいと思う。そこに血沸き肉踊るようなリズムや、胸を打つメッセージとかはいらない。

とりあえず、2005年の”目標”はそんな自分の音楽スタイルを崩さずにやる事、それと身を固める準備を引き続きすること。といっても、それは恐らく2004年初頭に言っていた事と全く同じだったりして・・・・・・・・・・・。お後がよろしいようで。



それでは、来年は世界が平和でありますように祈りつつ、良い年をお迎えください。
[PR]
# by lit-composer | 2004-12-31 14:30 | ただの雑談か?
デスラー砲エネルギー充填・・・。

全艦、戦闘準備。全砲門開け。目標左舷上方の敵艦隊!距離2000!


右舷前方に未確認の艦隊確認。距離100宇宙キロ。全艦砲雷撃戦用意!!自動追尾装置セットオン!!
艦隊の全容がつかめました!戦艦3、巡洋艦5、駆逐艦多数!!不明艦よりエネルギー反応確認!!ショックカノンエネルギー弾着弾します!!
迎撃態勢!!各砲塔射撃準備はどうか! 一番砲塔用意よし!二番砲塔発射準備完了!
副砲同時射撃用意よし!! 主砲発射!!


波動砲発射用意!!エネルギーバイパス接続。艦内全機構ストップ。

タキオン粒子圧力上昇!エネルギー充填100%へ・・・・エネルギー充填120%、シアーロック解除!! 発射10秒前!対ショック、対閃光防御!!



・・・・・・などど、思わず絶叫してしまうが如く盛り上がるゲームが出てしまいました。
熱い・・・熱いのだ!!男の艦、僕の青春の艦・・・。ヤマトが行く。

援軍ユニットのコレクション機能の欠如。所々見かけるバグ。レーダー画面の見にくさ。
ランク出しの難しさ。オリジナルBGMのかっこ悪さとMIDI音源のチープな音色・・・・。数々の不満点を5000歩譲っても、このゲームは楽しめるのだ。純粋なファンだから楽しめるのだ。残念ながら、ファンじゃないとつまらないかもしれない。だが、このゲームから原作へのめり込んでもいいかも知れない。昨今のアニメやマンガに無い、熱さがある。平和を愛し戦う男の姿がある。
勝つ者がいれば、負ける者がいる。負けた者には幸せになる権利が無いというのか!!
戦う前に愛し合うべきだった!!
他人の幸せがなければ、自分の幸せはない。

・・・と、子供の頃に僕はこういった哲学をヤマトに教えられたような気がする。人に優しく出来るようになったのも、この物語があってこそだ。
それに自分の音楽観もヤマトから影響を受けている。ストリングスの音に魅了されたのも、このヤマトのBGMだった・・・。

なんて、ここまで影響受ける奴もあまりいないと思うが、このゲームは面白いですよ。
[PR]
# by lit-composer | 2004-12-14 14:04 | アニメ&ゲーム考察になるかも

新曲のネタ作り

あーー、新曲。

僕は何年か一回、スランプに落ちるのだ。ある程度納得がいって評判が良かった曲があるとその曲を超えるものが出来るのかと不安になって、急に書けなくなるのだ。

90年代後期、今のユニットの前にやっていたユニットがあった。同じように女性ボーカルをメインにしたものだったが、ひょんなことからラジオ局主催のオーディションに合格。最終決戦の場まで進出したのだった。その時の曲は、今でも色んな人にいい曲とお褒めの言葉を頂く。ラジオの力は大きく、「この曲のおかけで大学受かりました」なんて言葉も頂き、音楽の力の偉大さを初めて自分で痛感したのだった。
裏話をすれば、この曲を作曲した時の感覚を僕は今憶えていない。正に天から降って来たような感じだったのだ。気がついた時は、サビのメロディーの再調整と、リズムの構想を練っていたのだった。
こんな感覚で曲を作ってしまったから、その後そのユニットが終わった後も暫く曲を作れなかった。

それから、今のユニットの前身がスタートしてまた曲が書けるようになった。今のユニットの形になっていいボーカルに出会えて、また曲が書けた。詩がないとかけない僕は、詩に左右される傾向がある。いい詩は、僕にイマジネーションのスイッチを入れる。
ここ最近は、書くペースが前に比べて落ちている。それでもいいと今思う。小作でも、内容が濃ければ、そして聞く人の心に刺されば・・・。

今煮詰めている曲は、4ビートのジャズに挑戦しようと思っている。ジャズの知識がないので作業は難航している。当たり前ですけど・・・。ボサノバの時もそうだったが、いいのさ「なんちゃってジャズ」で。何となくそうだなーと伝わればね。参考になる曲を僕のライブラリーから選曲してMDにまとめた。これで、暫く聞きつづければアイディアが出てくるでしょう。

リズムさえ何とかなれば、後は構成だな。
[PR]
# by lit-composer | 2004-12-14 13:41 | 音楽全般ですな

あー愛しのXP-30

俺が駆るXP-30、未だ現役

僕のメインシンセ、XP-30。このシンセを敢えてメインシンセにしているのは、普段僕はアレンジをするとき90%はリアルタイムレコーディングをしているので、鍵盤に触っている時間が長い。XP-30は、操作性が良く、分かりやすい。複雑なパラメーターが一切ないので、打ち込みは割とスムーズだ。このシンセは軽量でライブにも持っていっている。全てのシーンで使い勝手がいいのでメインシンセにしているのだ。
もう一つの理由としては経済的な理由でゴージャスシンセを買えないのだ!!
誰かーーーー、僕にROLANDのFAMTOMか、YAMAHAのMOTIFを買ってーーー!!

なんて、他力本願じゃーいかんぜよ。そうそうそうそう、うっーーーー、うんうん。ううっーーーーん・・・(fade out)。←某社団法人職員の口癖。

そのシンセがさ~、5年間の酷使のため(?いや、そんなに酷使してないぞ)ピッチベンド、及びアフタータッチが使用不能!!工作班、直ちに修理にかかれ!!←某宇宙戦艦技師長の口癖。 ってな感じでさ、今オーバーホール中なのよ。更に、僕が長年使っていたシンセのD-70君が、鍵盤の裏に貼りついている重しが取れてしまって、そこから「ビロ~ン」とトリモチのような接着剤がたれてきて、困っているわけよ。とりあえず、XPが修理の最優先だったわけだが、その修理担当のエンジニアさんが、僕に直接電話してきて、「あのーーー、いただいた症状が出ないんですけど・・・。」だってよ!!!。うおーーーい、そんなはずはあるまい。と僕は丁寧に説明をしたのだ。それで、「もう一度同環境で確認します」と彼はプロ根性を見せてくれたので気をよくした僕はついでにD-70の件についても聞いてみた。
すると「あのー、それは初期不良のようなもので、たくさんのお問合せをいただたいてる部分なんです・・・。」

なに!!?、私はその部分の不良を知らずに2度もオーバーホール出していたんだ。そんな事が発覚するとは・・・。許せん!デスラー砲用意!とばかりに怒りが込み上げてきたのはもちろん嘘だが、これにかんしてはメーカーは非を認めているらしく、工賃だけで修理に応じてくれるそうだ。いやー出来れば工賃も免除して欲しいもんだねー。でも、これでD-70君も購入12年にして、鍵盤も新調される事になった。音に関しては時代遅れの感があるが、入力用のキーボードとしては使えるかも知れないな、などと思っているわけである。

そんなわけで昨日修理が完了したXP-30をとりにこれから出かける所存であります。

90年代の僕のメインシンセ D-70 絶対手放せない理由がある・・・
[PR]
# by lit-composer | 2004-12-03 10:30 | 音楽全般ですな

ASTRONAUT レポート続編

DURANネタはいくらでも書けるし、書きたい。
今日はこのニューアルバムについて少し細かく書いていこう。

FAB5再結成の前アルバム「Pop Trash」を引きずるというか面影を残す的なレビューをよく見かける。
僕の見識は違う。
アンディーとロジャーの復帰は、この上もない極上の化学反応をもたらした。いい意味で80年代のテイストを復活させている。
アンディーのギターリフは、POWER STATIONの前作によりよりスタイリッシュによりアグレッシブになった。特にM-4、M-6のカッティングは「やっぱアンディーだよな!!」と思わずにやけてしまう。それに加えTHUNDER等のプロデュースワークが今回の5人をサウンド面でうまくまとめ上げているような気がする。前に出すぎず、他の楽器を尊重している雰囲気を感じる。今回のアンディーのスタンスはかの「electronic」時のジョニーマーを彷彿とさせるのである。

以前のFAB5にない、ロックで深いグルーブを体験できるのは、ロジャーのドラミングのおかげだろう。僕は個人的に、ロジャー不在時にセッションドラマーとして起用していたスティーブフェローンの方が好きな部分が多いが、彼の場合サウンドがよりファンキーになる。ある意味、ロジャーの存在が今回の彼らのサウンドベースを決めているような気がする。

今回はファンのためにもこの2人をよりフューチャーしたかったのか、ジョンのベースワークは比較的おとなしい。というか、これが今の彼のスタイルなのかもしれない。以前のようなうねるようでいて優雅なベースラインを期待していたのだが・・・。

以上3テイラーが不在の時、Duranを守りつづけたサイモンとニック。この2人には最上級の賛美を送りたいが、今回も圧倒的な存在感を感じる。ニックは、最近新調したシンセをこれ見よがしに披露している。オルタナティブでテクノ感覚あふれる彼の音色使いが、前作に通じるものがあると考える人が多いのだろうが、僕は前作よりアイディア満載で好きだ。どちらかというと、以前はサウンドの核になっていたニックのシンセだが、今回はいい脇役になっている。5人で作り上げたいという意思があえてこれまでのようにサポートキーボーディストを採用しなかった理由だろうが、僕としてはピアノやストリングスをさりげなく導入して欲しい部分もあった。こういったアレンジは次作以降に期待しよう。
これまで、僕はサイモンが歌えばDURANになると勝手に思っていた。事実3テイラーがいなくてもDURANだった。サイモンが歌っていたからだ。FAB5の絶頂期からするとサイモンのボーカルスタイルもだいぶ変わった。これが嫌だという人もいるだろうが、僕は好きだ。僕は女性ボーカルをフューチャーして曲を作っているが、曲により、時がたちスタイルを変化させていける人が好きだからだ。

5人それぞれの19年間があって、人生の紆余曲折があって再結集したDURAN。その紆余曲折を肌で感じる事が出来る。M-8にそんな彼らの思いを僕は読み取った。周りからメイクマネーだ、ネタ切れの最後のあがきだとか言われようが、ファンだからこそ手放しで喜べる。もちろん駄作だとしたらがっかりしただろう。しかし、確実にここ数年で一番のヘビーローテーション。20年以上彼らのファンでよかった。心からそう思える。
中学生の時、同級生の女の子はジャニーズ系よりも洋楽のバンドの切抜きを下敷きに入れていた。DURANはその筆頭格だった。僕がファンだったのは学年内では有名だった。下敷きに入れていた切抜きを僕は女の子からよく譲り受けていた。今思えば親切な人たちだった。
DURANがシーンに復帰するたび、その女の子達は僕の事を思い出しているのだろうか。
そんな事をふと思いながら、もう一度「SUNRISE」を聞いている・・・・。


[PR]
# by lit-composer | 2004-11-25 11:20 | 音楽全般ですな

FAB 5 coming back!!

Astronaut (初回)
デュラン・デュラン / ソニーミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★★

僕は飽きっぽくない性格なのだろうか?

一度はまったものは割と飽きが来ないのだ。

DURANにしてもそうだ。

ファンになり、早20年だ。グルーピーではないが、新作は買い、ライブは出来る限り行き、自分の曲にも少なからず影響を受けた。メンバーが減っても、いつか好きになっていった。そんな彼らが黄金期のメンバー(FAB 5)で再結集。もしかすると最高のアルバムを作った。何たる事か!

この人たち、こんな素晴らしいメロディーメーカーだったのかと今更再認識。

昔ほど突出した曲はないが、その代わり全体的にいい曲がふんだんに盛り込まれている。それに、若さがない分、大人の確固たる意思を感じる。音楽が純粋に好きだという・・・。僕も頑張ろう。いい曲を書こう・・・。


[PR]
# by lit-composer | 2004-11-23 11:07 | 音楽全般ですな